人探しの期間

 

人探しの期間

 

大事な人が蒸発や家出、または急にいなくなってしまった時には大変不安になるものです。新聞やテレビニュースなどで犯罪に巻き込まれて人が死亡する事件は毎日のように報道されています。もしもその報道の中に探している人がいたら、、、。そんな事を考えたら、居ても立っても居られないでしょうね。人探しはある意味時間との戦いと言えるかも知れません。もしも思いつめて出て行ってしまったならば、自殺も考えられます。すぐに探し出さなければいけません。まずは警察に届けることでしょう。しかし、警察は直ぐに満足いくような対応をしてくれるわけではありません。そこで自分で探すか、それとも探偵に依頼するしかありません。手掛かりはあるでしょうか。自分の意志で出て行ったならば、探すのは困難を極めることでしょう。家族に、また知っている人に見つからないように、遠方にいってしまった可能性があるからです。もしも事件や事故の場合ならば、いつもの行動、習慣を思い出してみることから始めます。いつもどの道を使って帰ってくるのか。いなくなった日はどこに立ち寄ったのか。誰かと一緒だったのか。できる限り沢山の情報を集めて、その情報を精査しましょう。そして大事なことは、その情報を探偵は活かす術を知っているのです。それは調査のプロですから、素人とは見方が違うのです。自分で探せなかった場合には、すぐに探偵事務所に依頼するべきでしょう。人探しの場合、発見できるか否かの目安は1週間と言われています。それ以上かかる場合は、その後も見つからないと思ってもいいかもしれません。探偵事務所に依頼するには高額な費用がかかります。見つかるまで払い続けるのは、経済的にも苦しいことです。その目安になるのもその1週間という期間です。1週間はまず払うつもりで、すぐに依頼するのがいいでしょう。