子供の家出の場合

 

子供の家出の場合

 

子供が家出をするケースが増えています。最近は女の子でも家に帰ってこないということもあります。それが家出なのか、それとも外泊なのか。その判断が親として確かにできるのでしょうか。外泊を気軽にしてしまう子供の親というのは、生活にルーズなところが少なくありません。今日は帰ってこないのか、と簡単に考えることができてしまう親です。子供のことを掌握していないのです。自由を与えているというのとは違います。放任主義という言葉もありますが、最近の子供の外泊はそんなものではありません。

 

親としての責任を果たしていないということです。自分のことしか考えていないのでしょう。そんな家の子供が何日か帰ってこなくなった場合、もしも何かの事件に遭っているとしたならば、気づけないことでしょう。あまりに帰ってこないと思い始めた頃には、もう手遅れ、ということになっていなければいいのですが。そんな子供の蒸発や家出の時にはまずは、警察に届けることが大事です。成人の家出とは違い、未成年の家出に関しては警察も少しは対応してくれるものです。しかし、積極的に動いてくれるというわけではありません。そこで探偵事務所です。人探しのプロですから、素人が探すよりも、そのノウハウで、見つけ出す可能性は高いものです。ただし注意したいのは、できるだけ早く依頼することです。

 

出て行ったすぐこそ、早く探し出せる可能性は高いのですが、時間が経ってしまうとその可能性は低くなってしまうのです。出来る限り知りえる、いろんな手掛かりを依頼した探偵に提供しましょう。依頼したからと任せきりではいけません。一緒になって探す気持ちも大事です。確かに高い金額の依頼料を払うのですが、一番大事なのは当人を探し当てることです。親であるならば、普段からしっかりと子供を見ていてほしいものです。家出のサインは毎日の生活の中に隠れています。それに気づけるような親でありたいものです。そして特に注意したいのが、長期の休みが終わる頃です。子供が家出をする気持ちが高くなる時期です。その頃は特に子供の様子をしっかりと見るようにしたいものです。